最近レースシム関連でいろいろ買っていました。

・あこがれの三画面

モニターを三枚購入し、三画面環境を構築しました。
理由は……特にありません。
VRに嫌気が差したわけでも、Quest2が壊れたわけでもないです。
「そういえば三画面って体験したことなかったな、じゃあやってみるか」というようなノリです。

購入したのはASUSのVG249Q1A-Jというものです。
165Hz駆動! GtoG 1ms! AMD Freesync対応!
……なのですが、「すごい! ヌルヌル!」とは特に感じませんでした。
その一方で、ちょっと走ったらVR時よりもいいタイムが出ました。
実感はないものの効果は出ている……不思議な気分です。

画面サイズは24インチ(正確には23.8インチ)ですが、ちょっと小さいような気もします。
余裕があるなら27インチ以上がいいでしょうね。
私にはありませんでしたが……。

画面が小さいことによる没入感の低さを補うべく、目と画面の距離にはこだわりました。
ヘッドレストに頭を押し付けた状態で約70センチ。実際のプレイ中は少し頭を浮かせていると思うのでもう少し短くなります。
これ以上近づけると舵角によってはパドルシフトを引こうと指を伸ばしたときに画面に当たるほどの、攻めに攻めた距離です。
まだ完成していませんがプラダンで囲いも作る予定です。

モニタースタンドはdeleのDMS-1というものを使用しています。
安いので選びましたが、つくりは値段なりといった感じでしょうか。ひとつ途中までしか入らないねじが混ざっており、少し苦労しました。
あと、高さ調節の自由度がモニターを下げる方向に乏しいことが残念でした。
気になる点はいくつかありますが、なんとかできる人にとっては安くていいでしょう。

・三画面とVRどちらがいいか?

三画面は、やはりいいです。
しかしVRとどっちがいいかは、好みとか体質とか求めるものとかで人によって変わるでしょう。
私は没入感を求めるならVR、タイムを求めるなら三画面という印象を受けました。
ただVRのほうがタイムが出るという人も当然いると思います。

タイム以外だとVRのメリットは『没入感』、『省スペース』、『(ものにもよりますが)比較的低コスト』といったところでしょうか。
対して三画面のメリットは『解像度を高くしやすい』、『FPSを高くしやすい』、『プレイできるソフトの幅が広い』など。

こうしてみるとまさに一長一短。
まだしばらくどちらがいいかという結論は出せないというのが、現時点での私の感想です。

これで一画面・VR・三画面と体験できたので、次はウルトラワイドモニターを試してみたいですね。
あるいは3D Vision!

・自分史上最高額のレースシム機材

さて、最近もうひとつ大きな買い物をしました。

DBA-NCP91 トヨタ・ヴィッツRS TRDレーシング。
レースシムでは感じられないGを体感することでレースシムのドライビング上達に役立てたいと思い購入しました……というのは、半分冗談です。
とりあえず来年何かに一回出てみたいですね。

レースシムを始めて幾星霜、ついに競技車両まで買ってしまい「私も来るところまで来たな……」と感慨にふけっていたら、この車の購入金額を遥かに超えるペダルがSIMUCUBEから発表されて驚きました。
来るところまで来たなレースシム業界……。