先日少し触れましたが、長らく音沙汰の無かったKartKraftがリリースされました。

アーリーアクセスなので正直あまり出来はよくなく、不満点はたくさんあります。

 

挙動は全体的にグリップが低く、rFactor2のKartSimと比べて同じコース(PFI)、同じエンジン(X30)という同条件で4秒落ちるほどです。
FFBはステアリング中央付近で全く発生されず、そのせいで直進することが難しくデッドゾーンを設定しなければ常にフラフラします。コーナリング中のFFBもいまひとつです。
Fatal Errorを吐きゲームがクラッシュすることもあります。
はっきり言って、今カートがやりたければもう数百円余計に出してKartSim、あるいはさらに出して開発者御自ら勝利宣言を出しているKart Racing Proを買った方がいいと思います。もちろんAutomobilistaもおすすめです。

 

ただ出来がいまいちなことなどは当然こちらも織り込み済みなので、不満ではあるものの納得はしています。
昨日までタイロッドが消失しているバグとPFIのコーナーアウト側縁石に乗ると乗った側に巻き込んでスピンするバグがありましたが、それらが既に対処されたことから見ても開発陣がバグにすぐ対応すること、そしてこれからどんどん良くなっていくことに疑いは持っていません。

 

一方で、グラフィックに関しては現時点でも文句なしに素晴らしいです。UE4の面目躍如といったところでしょうか。とても綺麗な上、最高設定でも重くなったりせずサクサク動きます。
この点に関してはまず間違いなくKartSimやKRPやAMSより上にあります。

 

論より証拠ということで、フォトモードで試しに何枚か撮ってみました。

20181104140825_1

20181104141635_1

20181104133847_1

20181103174540_1

20181104153649_1

20181104191900_1

見ての通り、とても美しいグラフィックであることがお分かり頂けるかと思います。
陳腐な表現ですが、「実写みたい」という以外の感想が私にはでてきません。

 

この美しさの前にはチェーンがドライブスプロケットから外れてることや相手のカートの車高があり得ないほど上がってることなんて些細な問題です……。

一言で総評すると「思ったよりもいい」というのが正直な感想です。
元々の期待値が音沙汰の無かったことで限りなく低くなっていたとはいえ、グラフィックの完成度にはいい意味で期待を裏切られ、またその他の部分も「(出来はともかく)問題なくプレイができる」ことはアーリーアクセスの一発目として十分及第点だと思います。
バグに関してはまあしょうがないという諦めがあるのと、起動しないというような致命的なバグではなく小さなバグであること、また上述のチェーンバグや車高バグのようにクスリと笑えるものがあったのであまり気になりませんでした。
アーリーアクセスの終了と共に値上げが明言されているので欲しい方は今買った方がお得となるでしょう。冒頭にSteamのリンクを貼っておいてこんなこと言うのもなんですが、GMGだと少し安く買えます。