22日にリリースされた新作ラリーシムであるgRallyを数日プレイしてみて思ったことを書いていきます。
まずは良いところから。

・安い

gRallyがリリースされて、おそらく多くの人にとって一番の驚きだったものはこれでしょう。こうしたシミュレーター系で410円という値段はいくらアーリーアクセスといっても破格です。
ワンコインに収まっているので「たとえダメでもこの値段なら諦めもつくし、とりあえず買っておこう」と思わせるための価格設定なんでしょうか?

ただし、残念なことに(あくまで現状では)この価格に見合った内容となっているように思えます……。

・MODの導入を前提とした作りとなっている
公式でMODのパッケージングツールやMOD作成ガイドが用意されていたり、ファイル構成が単純でいじりやすかったり……おかげでペースノートMODも簡単に作れました。これは大きな利点と言えるでしょう。

 

・挙動がどうしようもなくダメということはない

迂遠な言い回しとなってしまいましたが、明らかにおかしいと思うような挙動ではないと思います。

以降は気になったところです。

 

・車もコースも少ない
車は二車種、コースはスキッドパッドを除いて4コース8レイアウト(公式のMODを計算に入れれば5コース10レイアウト)。
まあこれは予想できていたことですし、これから追加もされるでしょうからあまり問題だとは個人的に思いませんが、それでも少ないよりかは多い方がいいでしょう。

 

・グラフィックが貧弱
RBRよりマシ、といったところでしょうか。DirtシリーズやWRCシリーズには明らかに劣ります。
演出もいまいちで、タイヤスモークが派手に出るのに消える時は徐々に散らずにすぐに消えるせいで不自然だったり、インカットして下回りを打ったわけでもなく普通に走ってるだけなのにやたらと火花が散ったりしています。

20180526174755_1
平坦な路面にこの車高、いったいどこに火花が散る要素が……。

 

・サウンドも貧弱
エンジン音は官能性という言葉とは無縁の音です。またRBRにあったタイヤが撥ねた砂利がフェンダーに当たる音だったりギアやサスペンションのノイズといったサウンドはありません。
さらに各種サウンドの音量バランスがデフォルトだとおかしく、エンジン音にコドライバーのコールやスキール音が邪魔されています。上述の各種ノイズもひょっとしたら本当は鳴っているのにかき消されてるのかもしれません。どちらにせよ同じことですが。

 

・UIの使い勝手が悪い
これは慣れの問題もあるのでしょうが、直観的な操作が可能かと言われると
各種設定がオートセーブ(つまりキャンセルができない)なのが有難迷惑です。
Escキーで出るポーズ画面にリスタートボタンが無く、SS走行後にもう一回走りたいときはメニュー画面に戻って再ロードしなければなりません。
RBRですらそこまで酷くはなかったというのに……。

 

・情報量不足
FFBの表現が乏しく前述したようにスキール音も聞こえにくいため、タイヤの状況を感じ取りにくいです。
そのため走っているといつの間にか取り返しのつかないオーバーステアに陥っていてスピンまたはクラッシュ、ということがよくあります。
グラベルでは砂利の音が無いことに加えFFBがあまり無いために、グラベルと言うよりもアイス路面をスタッドレスタイヤで走っているような気分になります。

 

・セッティングの幅が狭い
サスペンションの設定がソフト、ミディアム、ハードの三種類の内から選ぶだけというのは……。仮にもシミュレータを標榜するのであればもっと細かく設定させてほしいものです。

grallysus
そもそもサスペンションと一括りにされているところからおかしい。

・デフォルトのペースノートが酷い
ペースノートエディット機能があるんだから適当でもいいだろうということなのか、読み上げタイミングがめちゃくちゃです。
全体的に読み上げは遅く「ヘアピン」をターンイン直前にコールしてきたりしますが、あるコーナーでは先読みしてきたりとタイミングが一定でないのがまた厄介です。

 

・不安定
SSのロード中にエラーが出て失敗することが結構あります。

 

総評としてはまだまだこれから、と言ったところでしょう。
現時点でRBRより勝っているところは値段くらいしかないですが、磨けば光るとは思いますし、MOD前提の作りはそうした「磨き」をやりやすくするために一役買っていることは間違いありません。現にペースノートMODは簡単に作れましたし、スキンも普通のpngファイルで1枚しかないのでRBRのスキンを作るより楽だと思います。
そうして磨かれていく過程を楽しめるのならば今買ってもいいとは思いますが、そうでないならば急いで買う必要はないでしょう。しかし、アーリーアクセスが終了し正式リリースとなった際に値上げ、ということも十分考えられますので興味が無くてもとりあえず買って積んでおく、というのもいいかもしれません。